更新日:2016/09/30

無利息キャッシングローン − 無利息期間の活用法ガイド


一定の条件内の借り入れであれば金利なしでお金を借りられるサービスが増えていますが、中でも有名なのがプロミスです。

しかし、金利ゼロの適用には一定の基準を満たす必要があります。

借りた後に「金利を取られている!」といったことにならないように、金利ゼロ適用の条件をしっかり確認し、金利ゼロで借りられるローンを賢く選びましょう。


プロミス フリーキャッシング


30日間無利息サービス実施中!
プロミスの利用がはじめての方で、メールアドレス登録とWeb明細利用設定をされた方が対象となります。

⇒ プロミスのお申し込みはこちら

プロミスの審査は・・・

学生・主婦・アルバイトの方・・・と、20歳〜69歳以下の安定した収入を自分で得ている方であればプロミスの申込みができます。借入れOKなのか不安があるなら『3秒診断』にチャレンジしてみてください。
プロミスでは申込みから利用可能になるまでのスピードが早く、
申込んだ即日振込がOKです。しかも最短1時間融資も可能です。『Web契約』ボタンからスタートしてみてください。申込みや書類提出など平日14時までに契約を完了させれば当日振込んでもらえます。


収入証明書について

希望借入額が50万円未満 ⇒ 原則収入証明書類は不要。
借入総額(他社借入を含める)が100万円を超える
⇒ 収入証明書の提出は必須です。


プロミス
プロミス
実質年率
[4.5%〜17.8%]
限度額
[500万円]
お勧め度
★★★★★

プロミス



アコム カードローン


最大30日間金利0(ゼロ)円サービス実施中!!
はじめてアコムの契約をされる方限定で最大30日間も金利なしで利用できます。
“35日ごと”返済期日で契約をされた方が対象です。
適用期間:契約日の翌日〜30日間。

⇒ アコムのお申し込みはこちら

アコムの審査は・・・

安定した収入と返済能力がある、年齢20歳から69歳の方なら申込みが可能です。だからアルバイトや契約社員など勤務形態は問わず毎月収入があればOK!“3秒診断”があるので、チェックしてから申込めます。
審査は最短30分で結果が出るため、最短1時間融資が可能というスピードで申込んだ当日に振り込んでもらうこともできます。
※即日融資の場合は平日14時までにインターネットでの申込〜書類提出までが完了しアコム側が確認をする必要あり


収入証明書について

アコムでの利用が50万円未満⇒原則収入証明書類は不要。
借入総額(他社借入を含める)が100万円を超える
⇒収入証明書の提出は必須です。

アコム
アコム
実質年率
[3.0%〜18.0%]
限度額
[800万円]
お勧め度
★★★★★

アコム



ノーローン<新生銀行グループ>


ノーローンは、1週間無利息がなんどでも利用できるのが最大のメリットでしょう。

ノーローンの審査は・・・

年齢20歳から69歳まで安定した収入のある方。この条件を満たした方が申込対象者となっています。もちろん、アルバイトの方も契約社員の方もこの条件を満たしていればいつでも申込めます。もし、審査が気になる方は“お試し診断”があるので申込前にチェックしてみるのもいいでしょう。

インターネットで申込後、審査結果はメールできます。即日振込にも対応してくれますので、希望される方は、審査結果詳細ページで即日振込サービスを利用するを選択してください。
ただし、審査結果が平日12:30以降(楽天銀行口座がある方は平日17:00)だと、
即日振込ではなく翌営業日になります。


収入証明書について

50万円までの利用希望⇒原則収入証明書類は不要。
希望金額に関わらず、各種証明書などを提出を求められることもあります。

ノーローン
ノーローン
実質年率
[4.9%〜18.0%]
限度額
[300万円]
お勧め度
★★★★

ノーローン










無利息キャッシングをうまく活用する!

消費者金融では、ただ借入れを利用するよりも、会員になった方がよりお得なサービスを受けることができます。まずキャッシングのサービスですが、 通常は専用のキャッシングカードを用いてATMからお金を引き出して借入れしますが、会員は銀行口座への振り込みで融資してもらうことも可能です 。また、要望があれば、指定の振込先に代行振り込みをしてもらうこともできます。例えばネットショッピングで支払方法を振込指定した時に、代行 で振り込んでもらえら手間が省けて便利ですよね。キャッシング返済の際も、会員ならインターネット返済を可能としており、PC・ケータイ・スマート フォンなどから24時間銀行振り込みでの返済を可能としている会社もあります。

また、自分で振り込むのが面倒くさい場合や、リボ払いの場合は、 毎月の返済日に自動的に口座から引き落し返済もできます。返済お知らせメールも送られてくるので、返済のし忘れも防げるでしょう。そして、これら 会員サービスを利用することでポイントが貯まっていきます。ポイントは利息、ATM利用の手数料などに使えてお得です。しかも、新規契約者でポイント サービスに申し込むことで、無利息キャッシングを活用することもできるので見逃せません。その先無利息期間がどれほどなのかきちんと確認しておきましょう。 そのほか、ネット上で取引き履歴照会、利息照会・シミュレーション、限度額変更申込、返済日変更申込、振込口座変更など各種設定が簡単にできます。せっかくプロミスを利用するなら、最大限に活用してください。



おまとめローンについての基礎知識

ローンのサービスを利用してお金借りる事は、上手く利用すれば大変便利なものです。しかしながら、その使い勝手の良さで過剰な借入を行ってしまい、複数の金融機関から借入れをしてしまう事もあります。このような複数の金融機関からの借入れは、異なる返済日、金利の違い、返済の総額などが把握できなくなってしまい、返済に支障をきたしてしまう事もあります。このような場合は、再度新たなローンを組んで支払う事が必要になるケースもあり、効率の良い返済方法とはなりません。このようなローンの問題を解消できる手段に、おまとめローンがあります。このローンは返済をスムーズに行なう事の出来る優れたものです。ここではおまとめローンの基礎知識についてお話致します。

先ず最初に、このおまとめローンとは、複数の金融機関からの借入れを一本化して返済するものです。一般的なローンでは、負担する金利は借入れ金額によって異なり、融資額が少ないほど金利は高くなります。このおまとめローンでは、現在利用しているサービスよりも金利の低いローンを見つけ出し、その借入れに限定し返済を行なうものです。この方法ならば金利による負担の低減から、大幅に総返済額を減らす事ができます。又、複数の金融機関からの借入れがある場合には、各金融機関によって異なる返済日、金利、返済額などを把握する事が困難になりますが、債務を一本化することで返済計画が立てやすくなり、返済以外の負担を減らすことも可能です。このように債務の一本化にはこのような特徴があります。



気を付けたいサラ金での借金

1970年代頃、サラリーマンを対象としたものが多いことから、個人への金銭の貸し付けをする業者をサラ金と呼ぶようになりました。しかし1980年代頃から、女性や自営業者などの契約も増えたことで消費者金融と呼ばれることが増えてきたのですが、その背景には過剰な融資やそれに伴う高金利により返済が間に合わなくなった者への取り立てからサラ金地獄という言葉が溢れ、言葉のイメージが著しく悪くなったために、業界側が消費者金融と呼ぶことを推し進めたと言われています。最近ではテレビなどでもよく消費者金融のCMが放送されており、それがサラ金だということに気づかず手を出してしまう方が増えてきています。それの何がいけないのかと疑問に思った方は気を付けてください。

一番の問題点が利息にあります。消費者金融でお金を借りると29%もの利息がかかります。これは銀行のカードローンの3〜4倍にもなります。例えば、50万円借りて5年間で返済した場合、銀行では61万円で済むところが消費者金融ですと95万円も払わなければならなくなります。銀行口座を持っている方なら 、銀行でお金を借りることも出来るのですが、テレビCMなどの影響でそれを知らないまま消費者金融に手を出してしまう方が増えているという現状なのです。簡単にお金を借りられてしまうことで、感覚がマヒして次から次へと借金を増やしてしまう方も少なくありません。そんな風にならないようにするためには、まず借金をしないこと。どうしても借金が必要な場合は銀行に相談すること。借金の返済に追われているうちに闇金に手を出してしまった、なんてことにならないように気をつけましょう。



プロミスのお申し込みはこちら